色素沈着が原因となる茶クマについて

茶クマは目の周りできた小さなシミが繋がって見えるためにできたり、目の下の角質がごわついたりくすみになることでできたりするそうです。

また、目の周りをこすり過ぎることで、炎症を起こしたためにそれが原因で起こってしまうこともあるそうです。

シミやくすみは主にメラニン色素が沈着することが原因で起こってしまうそうですから、メラニン色素の沈着が原因とも言えるようです。

メラニン色素は紫外線を浴びることで沈着することが多いので、紫外線対策を怠ったことで起こる場合もあるそうですし、メイクの汚れなどが残っているとそれが原因で色素沈着が起こることもあるそうです。

睡眠不足や疲れなどによってできてしまう青クマなどの場合は、睡眠不足や疲れが解消されれば、それだけで治る場合もありますが、茶クマの場合は一度できると何らかの処置をしないと消えることは無いそうですし、そのままにしておくとどんどん悪化してしまうことが多いので、できるだけ早く対策をとった方が良いそうです。

茶クマができてしまうのは、メラニン色素の沈着が大きな原因ですから、メラニン色素の生成を抑えてくれるビタミンCをしっかり摂取することが対策になるようです。

シミやくすみの集合体が茶クマになっているわけですから、シミ対策やくすみ対策に効果がある美白化粧品や美容液を使うことも効果的になってくるようです。

美白に効果がある成分としては、ビタミンC誘導体やアルプチンなどがあるそうですから、そのような成分を多く含んだものを使うと効果的なようです。

また、目の下に炎症がおこることが原因になっている場合もありますから、目をこする癖がある人はそれを治すようにする必要がありそうですし、化粧をする時や落とす時に目の周りを強くこすり過ぎないように注意するようなことも大事になってくるかもしれません。

またメラニン色素をスムーズに排出するためにも、肌を健康な状態にすることが重要になってきますから、スキンケアに注意して十分に潤いのある肌を保つようなことも大切になってくるようです。

ホントにオススメのクマ対策の美容液

詳しい情報はこちらにあります。